フォトエッチング加工にてエンブレムを作製~オーダーメイドで小ロット生産も受注~

エンブレム 加工事例

業種:車の装飾関連、店舗ディスプレイ関連

車の装飾や店舗ディスプレイなどに使用されるエンブレムをフォトエッチング加工にて製作させていただきました。

・顧客地域:大阪
・サイズ:300㎜以内ぐらい

エンブレムとは・・・
標章・記章・紋章などと訳されます。一般的には、象徴やシンボルと同じ意味で使われていますが、厳密には両者の間には違いがあります。
エンブレムは、観念または特定の人や物を表すのに使われる図案を指します。具体的には、ブレザーの胸ポケットに縫いつける校章などのワッペン類や、自動車のボンネットにつけるメーカーのマークなどがあります。

依頼詳細

ご依頼いただいたきっかけ

弊社のHPをご覧になって、車の装飾や店舗ディスプレイに使用されるエンブレムの作製についてお問い合わせをいただきました。
金属加工でハーフ処理を施し、また重厚感を醸し出して高価に魅せるものを作りたいとご依頼があり、着手いたしました。また、オリジナルな発想で特別なものをオーダーメイドしたいとのご要請がありました。

お客様の抱えている問題点・要望

ディスプレイ関連からのご要望は、レーザー加工ではハーフ処理が出来ないので、エッチングの加工法でハーフ処理を施したいとご依頼があり、レーザーとエッチング加工のコラボもご提案がありました。

車の装飾関連では、会社ロゴをモチーフにシンボル的なものをオーダーメイドで作って、特別な私だけのものを製作したいとのご要望があり、ご依頼いただきました。

実績

オーダーメイドで小ロット生産も受注しております。また価格もリーズナブルにホームセンター並みに対応させていただいています。

【データ・原版 作成の工程(DTP)について】
得意とすることは、以下のようなものがあります。

  • PDF支給データよりのベクターデータ化等
  • イラストレータ(編集ソフト)によるアナログ的補正作業等
  • 場合によってはCADソフトと連係し、よりスマートな編集も可能です。
  • スキャナーを用いてデータ編集が可能です。

また苦労したことは、本来レーザー加工での外形抜きを想定されておられたデザインでしたので、フォトエッチング加工用に破綻の無い調整(数値化出来ないある意味”感覚”的な処理)をする必要があった点です。上記の微調整をするにあたり、出来るだけ元デザインを維持することを意識して作業いたしました。
エッチング加工限度との兼ね合いもあり、エッチング工程との念密な打ち合わせを心がけております。

【エッチング工程について】
得意とすることは、以下のようなものがあります。

  • 小ロット、他品種に対応
  • ハーフ面の仕上がり(薬液を最良な状態にしているため、ハーフ面・外観を見栄良く仕上げることが出来ます。)

苦労したことは、エンブレムは外観が最重要視される点です。また、特殊材料を使用することが多く、作業工程上で細心の注意を払っています。
外観に重点を置くことで、ドライフィルムとの相性が悪くなり密着性が下がるため、それを補う手立てを思案することもあります。
エンブレムでは、エッチングのハーフ面が広いことが多々あり、材質によって反りが著しく発生するので、ハーフ面の深さ・材質の種類変更で対応することがあります。

作業する上で、原版の仕上がりを再度確認することを意識しています。
苦労する点と重複するところがありますが、材質によりキズ・折れ・反りが発生しやすいものがあります。また、エッチング液との相性が悪い材質は工程前にそれを補う作業を実施します。
エッチング工程では、途中段階で測定機を用いてハーフ深度に注意し作業を行っています。また、ハーフ面も薬液の品質で大きく仕上がりが変わるので、薬液管理にも注意を払っています。

ピーワンのフォトエッチングについて、詳細はこちら

関連画像

このページの先頭へ