エッチングと他の金属加工との違い

薄板金属加工には「フォトエッチング」の他に「レーザー加工」「プレス加工」等があります。

レーザー加工とは

レーザー加工のメリット

「レーザー加工」はレーザー光をアシストガスと共に材料に照射し、高温で切削や切断加工することができ、従来の刃物や切削器具を用いても不可能な機械加工を行えます。
フォトエッチング同様、刃物や切削器具などを使わないので、それらの接触部分の摩耗・劣化に伴った消耗部品の交換が不要となります。
また材料に接触せずに加工するため、加工時に加工材が応力・圧力による変形をすることがありませんし、画像処理ソフトウェアと連動してデータをそのまま加工機に転送することが可能なため、金型や原版の作成工程そのものが不要となります。

レーザー加工のデメリット

しかし、金属加工に特化した大型レーザー加工機は精密なレーザー切断が可能ですが、イニシャルコスト・ランニングコストともに比較的高価な機械であることから、製造コストが高騰するおそれ、及び用途によっては他の金属加工の手法の方が安価となる場合もあります。
また加工時間も短縮はされてきてはおりますが、加工形状に沿ってレーザーを照射しますので、部品一つ当たりの加工時間が掛かります。

プレス加工とは

プレス加工のメリット

「プレス加工」は、対となった金型(オス型メス型等)の間に材料をはさみ、プレス機械によって強い力を加えることで、材料を金型の形に成形します。
この加工方法は、加工に使用するプレス機械や行う加工の内容にもよりますが、一般的には他の機械加工と比較して生産性が高いことから大量生産に向いています。
さらに連続加工も可能で、多くの場合ではこの連続的な加工を自動化させやすく、さらなる生産性の向上も期待できます。
フォトエッチングは薬品による化学反応での加工となる為、材料(素材)を選びますが、プレス加工は強い力を材料に与え物理的に加工しますので、塑性(柔軟で一度固定された形が維持されること)があれば大抵の素材に利用できます。

プレス加工のデメリット

この様なメリットがある半面、金型の設計・作成工程が加わるため、小ロット時のコスト増、変更時の時間等が掛かります。
またあまりにも薄い板や複雑精細な物の加工には向きません。
さらに物理的な加工のため、加工部分の断面がめくれ上がります。
この様な状態を『だれ』や『バリ』と言います。

フォトエッチングのメリット

コストの高い金型・治具等が不要

プレス加工での金型に相当するものとして、フォトエッチングではフィルムマスクを原版として使用します。
プレス加工では、汎用金型では対応できない特殊・複雑形状のプレス抜きの場合は、専用の金型制作費が必要になり、フォトエッチングに比べて多額のコストがかかりますが、フォトエッチングの場合、原版のコストと加工費を合わせても低コストとなり、お客様に喜ばれております。

製造コストが高騰するおそれがない。

イニシャルコスト・ランニングコストともに比較的高価な機械を使用しているレーザー加工に比べ、製造コストが高騰する心配がありません。

試作品などの小ロット品でも低コスト、短納期で対応!
パターンの構成・変更もスピーディー!

プレス加工では、金型の設計・作成工程が必要なため、小ロット時のコスト増や変更時に時間がかかるなどのデメリットがあります。
フォトエッチングの場合、試作品などの小ロット品でも低コスト、短納期で対応できます。
また金型の変更が必要ないため、パターンの変更などもスピーディーです。

加工時間が短縮できます。

加工形状に沿ってレーザーを照射していくレーザー加工に比べて、フォトエッチングでは加工時間を短縮することができます。

薄板への加工、複雑な加工が得意

プレス加工に比べて、薄板への加工やより複雑な形状の加工が得意です。

バリ・カエリ・ひずみ・たわみ等、材料変形の心配がない。

腐食による溶解加工は、非接触加工であるため、フォトエッチング加工においては、プレス金型加工(打ち抜き加工)で懸念されるバリ・カエリ・ひずみ・たわみ等が原理的に発生しません。

このページの先頭へ