メタルスキージ

メタルスキージは、メタルマスク上に半田ペーストを広げていく際に使用する金属製のへらです。メタルスキージはウレタンスキージに比べて、半田ペーストのえぐりが少なく、シャープなエッジ特殊加工により、高精度、均一な掻き取りを可能としました。また優れた耐久性を持つため寿命が長く、コストパフォーマンスにも優れたスキージです。

製品概要

ステンレスブレードのメタルスキージ

当社では、基板表面実装(SMT)のクリーム半田印刷、封止樹脂の印刷など、高粘度ペーストのメタルマスク印刷に有効なメタルブレードスキージをご用意しております。

  • SMT用の素材と同質(同程度)のSUS材にて、ウレタンのラバースキージ同サイズの仕上げです。
  • ブレード表面はSUS鏡面仕上げと、テフロンめっきコーティング仕上げの2種となります。
  • テフロンめっきコーティング仕上げは、ペーストの滑り、離れの対策となり、同時にローリング性を向上させます。

メタルスキージの特徴

SUSブレードの弾力性を利用し、メタルの開口部にペーストを押し込む力が生じ、ファインパターンの対応及び厚物メタルの対応性が向上。

metal_squeegee01

印刷ペーストの頂部が平坦化される。

metal_squeegee02

その他の特徴

  • 大きな開孔部においても、スキージのたわみが無く、スキージ自体によるペーストのかき出しが少ない。
  • SUSブレードの磨耗が少なく、長寿命。
  • サイズをウレタンと同じにして互換性をもたせた形で使用する。
  • 低価格である。

装着方法

metal_squeegee03

  • 「Aタイプ」はウレタンと同じ位置でブレードがマスクに接触。
  • 「Bタイプ」はウレタン厚の半分ずれた位置がマスクに接触。
  • L寸法をウレタンスキージ幅と同一、又はプラス0.2~0.3mmとする。

ユーザー様へのお勧め

  • 既製のスキージホルダーでは、ウレタン先端部の出ている長さが短い為、SUSブレードの湾曲が少なく、ペーストへの下向き圧力発生が少なくなり、特徴が充分に生かされません。適正な長さとしましては、約8ミリ程度の出が良いと考えます。
  • 上記の解決策としまして、(2)をお勧めいたします。
  • メタルスキージ専用のアルミホルダーを別途に製作。
  • 既存ホルダーをお貸し下されば、最適ホルダーを設計製作いたします。また、メタルスキージもそれに合わせてご用意いたします。
  • SUSブレード先端部にエッチングにて溝を入れ、湾曲を容易にして先端の短い出に対して対応させる。

製品略図

metal-squeegee04

お打ち合わせにて、最適なご提案をし、御見積させて頂きます。
小回りの利いた素早い対応にて、お客様にご満足頂いております。

このページの先頭へ