フォトエッチングとは

フォトエッチングの概要

エッチング加工では、目的とする加工形状にマスキングによる防食処理を施した上で、エッチング液などの腐食剤によって不要部分を除去する事で目的の加工形状を得ます。
フォトエッチング加工では、上記のようなエッチング加工技術に、PHOTOつまり精密な写真技術・精密画像技術をマッチさせた精密加工技術です。

フォトエッチング加工は、エッチング液による腐食化学切削・溶解加工から加工材料表面を保護するマスクとして、一般にレジストフィルムが用いられます。

フォトエッチングは、精密写真と腐食加工の応用によりエレクトロ製品などにおける極小部品・極薄製品・複雑な工芸品に最適な加工法です。

板が薄いほど、高精度でシャープな仕上がりが実現できます。

フォトエッチング加工においては、CAD/CAMシステムで作成されたデータを元にして、レーザープロッターから、高精度の描画パターンの原版フィルムを作成することにより、非常に精密な形状のマスキング作成に特化することができました。
近年では、ソフト的にも飛躍的な進歩により、電子部品やデザイン的な事に着手できるようになりました。

フォトエッチングの特徴

フォトエッチング技術の特徴や優れたメリットなどをご説明します。
 

任意の形状の加工ができる。

CAD/CAM及びレーザープロッターを用いる事で複雑な穴形状や精密な貫通加工が対応できます。

ハーフエッチング対応

ハーフエッチングとは、ハーフ加工とも言われ、フォトエッチングにおいて、素材である金属板の両面から同パターン形状を化学腐食させエッチングするのでなく、意図的にそれぞれの面のエッチングバランスを制御する事によって指定の形状に溶解加工したり素材の片面だけを厚みの途中までエッチングすることです。

フォトエッチング加工の主な設備

  • CAD/CAM/MAC
  • レーザープロッター
  • シャーリング
  • 金属洗浄機
  • 自動現像機
  • 剥離機
  • ラミネーター
  • 露光機
  • エッチングマシン
  • 測定機
  • 投影機

このページの先頭へ